減量の挫折期とホメオスタシオス

どんな人でも減量を長くしていると停滞期を経験するといいます。ウエイトが順調に減っていたのに、停滞期になると収まりほうが鈍くなってきます。減量の気力が下がって仕舞う人も多いのは、実行をさぼって掛かるわけではなく、食物も制限しているのにウエイトがまるっきり減少しなくなってしまうからでしょう。停滞期は、カラダがホメオスタシオスという体の警護反応になって起こります。身構えを規定に保とうとする体の反応がホメオスタシオスで、ホメオスタシオスの働きで体温も周りの気温が下がっても規定に耐久しようとするといいます。ホメオスタシオスは、減量のために食物を少なくすると、食物が減ってもウエイトを耐久しようと働くといいます。補填カロリーをとことん脂肪として集積しようとし、支払カロリーを減少させます。含めることができる栄養素が減っても、停滞期のときは体の状況が貫くように、必死にカラダが対抗して掛かる状況だといいます。とある時停滞期が続いた今後、更にカラダが元に舞い戻り減量がうまくいくようになります。停滞期にわたりは人によって差があり、2ウィーク程度で終わるヤツもいれば、1カ月繋がるヤツもいらっしゃる。停滞期は健康なカラダに起こる当たり前のフィットですが、減量にはマイナスになってしまう。上手く停滞期をやり過ごせば、かならず減量を成功させることができるといえます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ